菊池雄星、2回に崩れ一挙5失点 連続四球に味方失策、適時打浴び逆転許す

敵地アストロズ戦に先発しているマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
敵地アストロズ戦に先発しているマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

2回にベッカムの先制2ランで援護受けるもその裏に一挙5失点で逆転許す

■アストロズ – マリナーズ(日本時間30日・ヒューストン)

 マリナーズの菊池雄星投手は29日(日本時間30日)、敵地でのアストロズ戦に先発。2点リードの2回に一挙5失点で逆転を許した。

 通算214勝、サイ・ヤング賞右腕バーランダーとの投げ合いとなった1戦。菊池は最高の立ち上がりを見せた。初回の先頭スプリンガーを3球三振に仕留めるとアルトゥーベを二ゴロ、ブレグマンを二飛に抑える3者凡退スタート。

 打線は2回に援護。2死一塁からベッカムが左翼席へ特大の12号2ランを放ちマリナーズが2点を先制する。だが、その裏。菊池は先頭から連続四球などで1死一、二塁のピンチを背負うとレディック二塁への打球をゴードンが適時失策で1点返された。

 さらに続くマリズニクに三塁線を破る2点タイムリー二塁打を浴び逆転を許すと、1死一、二塁からスプリンガーには右前適時打、アルトゥーベに中犠飛を浴びこの回一挙5失点となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY