野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “米版オオタニ”衝撃デビュー! レイズ二刀流、6回途中まで完全投球、初先発初勝利

“米版オオタニ”衝撃デビュー! レイズ二刀流、6回途中まで完全投球、初先発初勝利

エンゼルスの大谷翔平投手と並び、米国版二刀流として期待を集めていたレイズのブレンダン・マッケイ投手が29日(日本時間30日)の本拠地レンジャーズ戦でメジャー初先発。6回途中までパーフェクトピッチングという圧巻の投球を披露し、6回1安打1四球3三振無失点で、メジャー初登板初先発で初勝利を手にした。

初勝利を挙げたレイズのブレンダン・マッケイ【写真:Getty Images】
初勝利を挙げたレイズのブレンダン・マッケイ【写真:Getty Images】

30日のレンジャーズ戦に先発し、6回無失点で初勝利

■レイズ 5-2 レンジャーズ(日本時間30日・タンパ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手と並び、米国版二刀流として期待を集めていたレイズのブレンダン・マッケイ投手が29日(日本時間30日)の本拠地レンジャーズ戦でメジャー初先発。6回途中までパーフェクトピッチングという圧巻の投球を披露し、6回1安打1四球3三振無失点で、メジャー初登板初先発で初勝利を手にした。

“アメリカのオオタニ”が衝撃のデビューを果たした。トロピカーナ・フィールドで迎えたデビュー戦で、左腕マッケイが魅せた。初回レンジャーズ打線を3者凡退に封じると、そこから驚愕の16打者連続アウト。6回1死でサンタナに右前打を許して完全投球はストップしたが、その直後、スタンドからはスタンディングオベーション。新星の好投を、観衆は温かく称えていた。

「感動させられたよ。観客もすごく特別なことが起こっていたんだ、とわかってくれていた。リスペクトを示してくれたんだ」。MLB公式サイトによると、試合後、マッケイはファンの粋な計らいをこう振り返っていたという。

 この後、2死一、二塁のピンチを迎えたマッケイだが、デシールズを空振り三振。両親がスタンドから見守る中、大仕事を果たした。試合後、レイズのケビン・キャッシュ監督は「見ていて楽しかった。彼の素振りを見ていると、冷静沈着だったね」と称賛していた。

 マッケイは2017年の米ドラフト1巡目で(全体4位)で指名され“二刀流”として期待されていた。3年目の今季は傘下3Aで4試合に先発し、3勝0敗、防御率1.08と活躍。打者としても15試合に出場しており、49打数13安打の打率.265、4本塁打10打点の成績を残している。

 7月4日のヤンキース戦で2度目の先発予定のマッケイ。この試合後にメジャーに残留となるか、3Aに戻すか、レイズ首脳陣は決断する方針だが、MLB公式サイトは「土曜日はマッケイがこのレベルで投げられるいい指標になった」と鮮烈なデビューを高く評価していた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」