野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “故意死球”疑惑のカブス右腕が乱闘発端のプイグ非難 「彼はもの凄い愚か者」

“故意死球”疑惑のカブス右腕が乱闘発端のプイグ非難 「彼はもの凄い愚か者」

レッズのヤシエル・プイグ外野手が29日(日本時間30日)に行われた本拠地カブス戦で死球を受け激昂。両軍入り乱れる乱闘劇を巻き起こした。カウント3-0からぶつける“故意死球”にも見えた1球についてMLB公式サイトは両者のコメントを紹介。どちらも譲らず真っ向から対立している。

死球を受けたレッズのヤシエル・プイグ(中央)が激昂【写真:Getty Images】
死球を受けたレッズのヤシエル・プイグ(中央)が激昂【写真:Getty Images】

カウント3-0から死球をぶつけたカブス右腕ストロップ

■カブス 6-0 レッズ(日本時間30日・シンシナティ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 レッズのヤシエル・プイグ外野手が29日(日本時間30日)に行われた本拠地カブス戦で死球を受け激昂。両軍入り乱れる乱闘劇を巻き起こした。カウント3-0からぶつける“故意死球”にも見えた1球についてMLB公式サイトは両者のコメントを紹介。どちらも譲らず真っ向から対立している。

 両軍入り乱れる乱闘劇の発端となったのは8回。2死二塁の場面で第4打席を迎えたプイグは右腕ストロップと対戦。カウント3-0からの4球目が左足に直撃。全く打つ気配を見せていないところに“まさか”の死球。プイグは激昂しマウンドに詰め寄ると両軍のベンチがグラウンドに飛び出す事態となった。

 MLB公式サイトは乱闘の発端となったプイグ、ストロップのコメントを紹介。“お騒がせ男”のプイグは「僕はどうするべきのかな? 何もしないほうがいいのかい? 相手にボールをぶつけることよりも、試合に勝つことのほうが大事なんだ」と納得がいかない様子。

“故意死球”疑惑のストロップは真っ向から否定し「彼は愚か者だってことは、誰もが知っていること。彼はもの凄い愚か者さ。疑うまでもないね。僕が内角へのシンカーを上手く制球出来ていなかったのは、見ればわかるからね。彼は3-0からでも振ってくる選手」とプイグの行為を非難していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」