野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 田中将大&ポーセロともに1回もたずKO 史上初の珍記録も誕生したロンドン初開催

田中将大&ポーセロともに1回もたずKO 史上初の珍記録も誕生したロンドン初開催

29日(日本時間30日)に英国ロンドンで行われたレッドソックス対ヤンキースの一戦。長いMLBの歴史の中でも初の欧州開催ということで大きな注目を集めた一戦、両軍合わせて37安打30点を奪い合う大乱戦の末に、ヤンキースが17-13で勝利した。

レッドソックス-ヤンキース戦が行われたロンドンスタジアム【写真:Getty Images】
レッドソックス-ヤンキース戦が行われたロンドンスタジアム【写真:Getty Images】

両先発が1回もたずKOされたのは、伝統の一戦で史上初の珍事

■ヤンキース 17-13 Rソックス(日本時間30日・ロンドン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 29日(日本時間30日)に英国ロンドンで行われたレッドソックス対ヤンキースの一戦。長いMLBの歴史の中でも初の欧州開催ということで大きな注目を集めた一戦、両軍合わせて37安打30点を奪い合う大乱戦の末に、ヤンキースが17-13で勝利した。

 初の欧州開催という歴史的な一戦は、ロンドンオリンピックのメーンスタジアムだったロンドンスタジアムを競技場から野球場へと“変身”させて開催。普段と異なる環境での試合となり、ヤンキースとレッドソックスというライバル同士が戦う伝統の一戦でも稀に見る乱戦となった。

 MLB公式データサイト「MLBスタッツ」は、このロンドンシリーズにおける数々の記録を公式ツイッターで紹介している。この日、レッドソックス先発のポーセロはわずか1死しか取れずに5安打6失点でKO。一方、ヤンキース先発の田中将大も2死しか取れず、4安打6失点でノックアウトされた。この伝統の一戦で両先発が1回もたずにKOされたのは史上初めてのこととなった。

 欧州で初めてとなる安打を放ったのは、ヤンキースのDJ・ルメイヒュー。初回先頭打者で右前安打を放ち、記念すべき初安打となった。初打点は初回に適時二塁打を放ったヤンキースのルーク・ボイトで初得点はルメイヒュー。欧州初本塁打は、ヤンキースのアーロン・ヒックスが初回1死二塁で中堅へ放った6号2ランだった。初奪三振はレッドソックス2番手で登板したコルテン・ブルワーだった。

 ヤンキースが宿敵レッドソックスから17得点を奪ったのは、2009年8月21日以来、10年ぶり。ヤンキースとレッドソックスが両チームとも10得点以上を奪うのは、ここ20年間で6度目。両球団計30得点は、同じく2009年8月21日に計31得点(ヤンキース20点、レッドソックス11点)に次ぐ歴代2位の得点数で、このカードでの計37安打は1908年以降で5番目の多さだったという。

 初めて欧州で開催されたこの試合には5万9659人が来場。これはクアルコム・スタジアムで6万998人が来場した2003年9月28日ロッキーズ対パドレス戦以来、レギュラーシーズンでは最多の観衆となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」