西武源田、読みがハマったホームスチール「二塁に投げるだろう」「投げ出し高い」

タイムリーを放った西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】
タイムリーを放った西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】

3回無死一、三塁で外崎との重盗で同点のホームを踏む

■西武 11-3 オリックス(30日・メットライフ)

 西武の源田壮亮内野手が30日、本拠地オリックス戦(メットライフD)で、3回にホームスチールを決め、同点のホームを踏んだ。

 西武が豪快な打撃だけではなく、足でも魅せた。2点を追う3回、無死一、二塁から外崎のセンター前タイムリーで1点を返し、なおも一、三塁。1ボールから山川への2球目で一塁走者の外崎が二盗。オリックスのキャッチャー飯田が送球した瞬間に三塁走者の源田が一気に本盗を決め、同点のホームを陥れた。外崎の盗塁も成功し、ダブルスチールとなった。

「セカンドに投げるだろうというのと(飯田の)投げ出しも高かった」と源田の全ての読みがハマってのホームスチールに辻監督も「よく走ってくれた」と笑顔。この回にオリックスに追いついた西武は、4回に勝ち越しそのまま勝利した。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY