大谷翔平、右手一本で3試合ぶり11号! 月間自己最多8本塁打

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」でスタメン出場した

■エンゼルス – アスレチックス(日本時間30日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間1日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」で6試合連続スタメン出場。4回の第2打席で3試合ぶりの右中間11号ソロを放った。

 2点を追う4回先頭。2ボール2ストライクから、先発右腕・バシットのカーブを右手一本で捉えた。5月27日の前回対戦では3打数無安打に抑えられ、初回2死はニゴロに倒れていた。27日のアスレチックス戦以来3試合ぶりの一発で、6月の月間8本塁打は自己最多だ。また、月間31安打とし、自己最多を更新した。

 大谷は試合前まで46試合出場し、打率.294、50安打、10本塁打、33打点、4盗塁。6月は打率.333、7本塁打、20打点と状態を上げている。

【動画】3試合ぶり11号は片手一本でスタンドインの豪快一打! 大谷翔平が月間最多8本目のホームランを第二打席で決める

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY