野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平のHRボールをゲット 婦人は大興奮、米名物解説も「どれほど素晴らしいことか…」

大谷翔平のHRボールをゲット 婦人は大興奮、米名物解説も「どれほど素晴らしいことか…」

エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地でのアスレチックス戦で今季初の1試合2本塁打と気を吐いた。「3番・DH」で6試合連続スタメン出場すると、4回の第2打席で右手一本で右中間スタンドへ運ぶ11号ソロを放つと、8回の第4打席では今季初の1試合2発となる12号ソロ。チームは敗れたものの、大谷は自身3度目の1試合2本塁打と活躍した。

本拠地アスレチックス戦で2本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
本拠地アスレチックス戦で2本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦での1本目は右中間スタンドの婦人がキャッチ

■アスレチックス 12-3 エンゼルス(日本時間1日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地でのアスレチックス戦で今季初の1試合2本塁打と気を吐いた。「3番・DH」で6試合連続スタメン出場すると、4回の第2打席で右手一本で右中間スタンドへ運ぶ11号ソロを放つと、8回の第4打席では今季初の1試合2発となる12号ソロ。チームは敗れたものの、大谷は自身3度目の1試合2本塁打と活躍した。

 3試合ぶりの一発となった4回の11号ソロは、技ありの一発だった。2ボール2ストライクからアスレチックス先発バシットが投じた5球目は、72マイル(約115.8キロ)のカーブだった。緩いボールに大谷は一呼吸タメを作ると、ボールを捉え、右手一本で大きなフォロースルーを描いた。

 打球速度102マイル(約164.2キロ)、打球角度36度、最高到達点123フィート(約37.5メートル)と、高々と舞い上がった打球は右中間スタンドへ。飛距離391フィート(約119.2メートル)を計測し、スタンドまで約6.0秒と滞空時間の長い一発となった。

 相手右腕の緩いカーブを捉える技ありの一打に、本拠地で試合を中継する「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務めるマーク・グビザ氏は「スローカーブを(体が突っ込まずに)しっかり引き付けてます」と、その打撃を解説した。

 さらに、この1本目のホームランボールを日本人らしき婦人が手にし、大興奮する様子が中継映像で紹介。これを見た同氏は「興奮してますね! どれほど素晴らしいことでしょうか。アメージングですね」と語り、ファンの喜びを代弁していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」