野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム8連打8点猛攻の裏側 杉谷証言「宇佐見が打って雰囲気が…」

日本ハムは2日、本拠地で西武に大勝し、連敗を6で止めた。2回に8連続安打、8連続得点をマークし、西武の先発・高橋光をノックアウトした。

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】
日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

2回に8連打で8得点を挙げて西武高橋光KO 中田「宇佐見も評判通りの力強いバッティング」

■日本ハム 9-1 西武(2日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは2日、本拠地で西武に大勝し、連敗を6で止めた。2回に8連続安打、8連続得点をマークし、西武の先発・高橋光をノックアウトした。

 連敗のうっぷんを晴らすビッグイニングは4番の中田翔内野手の左前打から始まった。6番・渡邉諒内野手の左翼線二塁打で先制し、さらに「7番・DH」で出場した宇佐美真吾捕手が右越え二塁打で巨人から移籍後初安打初打点をマークすると、ベンチはお祭り騒ぎだ。

 勢いは止まることなく、無死満塁で2番の杉谷拳士内野手が中堅フェンス直撃の走者一掃適時二塁打を放って8連打。「1点がほしいところだったので、大きいセンターフライを打とうと。ハイボールが来たら全部いこうと思っていました。最高の形になりました」と杉谷は胸を張った。

 杉谷がこの集中打の立役者として名前を挙げたのが、宇佐見だった。「宇佐見が打って雰囲気が明るくなりました。『やっぱり、打つな』とみんな話して、盛り上がりましたよ。流れを変えてくれました」とベンチでの様子を明かした。

 コンディション不良の大田泰示外野手が2試合連続で欠場する中、打線が18安打9得点と大爆発。8連打の口火を切った中田翔内野手は「みんながしっかり繋いでファイターズらしい点の取り方だった。宇佐見も評判通りの力強いバッティングですごく良かった」と納得顔でうなずいていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」