野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム村田、3日西武戦で今季1軍初登板 気負いなし「自分のスタイルを貫くだけ」

日本ハムの村田透投手が3日、本拠地での西武戦に先発する。右肘痛で出遅れた右腕にとって今季1軍初登板になるが「(1軍のマウンドに)やっと立てる。遅れた分を取り返したい」と力を込めた。

日本ハム・村田透【写真:石川加奈子】
日本ハム・村田透【写真:石川加奈子】

右肘痛で出遅れ3日の西武戦で今季1軍初登板を果たす村田

■日本ハム – 西武(3日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの村田透投手が3日、本拠地での西武戦に先発する。右肘痛で出遅れた右腕にとって今季1軍初登板になるが「(1軍のマウンドに)やっと立てる。遅れた分を取り返したい」と力を込めた。

 今季初めての実戦登板は5月14日のイースタン・リーグ、ロッテ戦だった。徐々にイニングを伸ばし、6月25日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦では今季最長の5回を投げて2安打1失点と好投。30日に1軍に合流した。

 強打の西武打線に対して「相手チームどうこうはない。勝てるように自分のピッチングをする」と気負いはない。「低めを丁寧に、ストライクゾーンを攻めていくのが自分のスタイル。思い切って自分のスタイルを貫くだけ」と続けた。昨季6勝を挙げた右腕が今季初登板でチームを連勝に導く。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」