野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 多い?少ない? 中日の騒動で賛否広がる応援歌中「お前」 他球団での使用具合は?

多い?少ない? 中日の騒動で賛否広がる応援歌中「お前」 他球団での使用具合は?

中日の応援団が応援歌「サウスポー」自粛を発表したことで大きな賛否を呼んでいる。応援歌内に不適切なフレーズがあるとのことで、球団から指摘があり、一時使用を取りやめることになったというものだ。

中日・与田監督【写真:荒川祐史】
中日・与田監督【写真:荒川祐史】

中日を除く11球団では巨人、ソフトバンクなど6球団で使用

 中日の応援団が応援歌「サウスポー」自粛を発表したことで大きな賛否を呼んでいる。応援歌内に不適切なフレーズがあるとのことで、球団から指摘があり、一時使用を取りやめることになったというものだ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 応援歌の歌詞の中に「お前」というフレーズがあり、これに中日の与田剛監督が疑問を持ちかけたことに端を発した。「お前」ではなく選手名などで呼んでもらえるように求めたものの、シーズン中の変更は難しいことから、応援団の判断で一時使用を自粛することになった。

 応援歌の中で使われる「お前」という表現。現在、プロ野球界では選手の応援歌の歌詞などを球団の公式ホームページ上、または応援団のホームページ上で公開している。では、中日以外でどれほど、この「お前」が使用されているだろうか。

 まずは、中日と同じセ・リーグから見てみよう。

【巨人】
坂本勇人:「オオオ オオオ オオオ オオオ オー 燃えろ(坂本!) 誰よりも強く勇ましく オオオオオオ お前が立つその場所は 熱気の渦が巻く 坂本 炎となれ」

石川慎吾:「豪快スイングで お前が打線の起爆剤 我等の導火線に 火をつけてくれ慎吾」

ゲレーロ:「お前の振り抜く打球は 灼熱の炎を宿す 今だ打てよ打てよゲレーロ 遥かカリブの空へ」

ヒッターズテーマA:「お前の出番ゆくぞ 敵を打ち砕け(選手名!) 巨人に勝利の旋風 巻き起こせよ」

【阪神】
坂本誠志郎:「狙いを定め 強気で攻めろ お前の時代を築け さぁぶちかませ」

【ヤクルト】
なし

【DeNA】
ハンターチャンス:「ワッショイ ×2 オイ×2 【選手名】 (メロディ) 【選手名】 【選手名】(メロディ)打て×2 【選手名】 【選手名】(ドンドン)突撃(ドンドン)突撃【相手チーム名】倒せ 【選手名】(ドンドン) 【選手名】 (ドンドン) 【選手名】お前のバットで決めてやれ!」

【広島】
チャンステーマ4:「おまえがきめろ~ 輝くゴールを目指し 男は極(き)めるべき時がある どでかく赤い魂燃やせ ぶちぶちかませよ! ぶちぶちかませよ! おっ!まっ!えっ!がっ!きめろ!【選手名】!」

 セ・リーグでは中日のほか、巨人、阪神、DeNA、広島でも歌詞で使用されている応援歌があった。巨人では3選手、そしてヒッターズテーマの4パターンで使われていた。続いてパ・リーグだ。

【ソフトバンク】
チャンステーマ3:「勝利を掴みとれ 【選手名】 勝利に向かって突き進め 打ちまくれ打ちまくれ お前の力を見せてくれ それ行け 【選手名】[男性] ここで決めろ [女性] ここで決めろ[全員]【選手名】」

【西武】
なし

【日本ハム】
實松一成:「そのバットに闘志を込めて お前の全ての力を ここでぶつけろ いざ進めGo! 實松」

【ロッテ】
なし

【楽天】
なし

【オリックス】
チャンス時応援歌「欲球根性」:「来い!×8 Oi!×4 Oi!×4 Oi! Oi! Oi! Oi! Oi Oi! 気合いやで ここまでぶち込め【来いや~】 お前のボールが欲しいのは 【ワイや~】 ここらで打たんとワテ泣くで【おいよ~】 とびきりデラいの持って来い【ここや~】おもクソ ゴツいの 持って来い【ここや~】来い!×8 Oi!×4 Oi!×4 Ohhhhhhh Oi!×4」

 パ・リーグで使用しているのはソフトバンク、日本ハム、オリックスの3球団。ソフトバンクとオリックスはチャンス時に使用される楽曲、日本ハムはベテラン實松の応援歌となっている。また、地域限定応援歌で使われている場合もあるようだ。

 これを見てファンの方々は多いと感じるか、少ないと感じるだろうか? プロ野球の応援歌における「お前」という表現は珍しいものではない。そして、この「お前」という表現、応援歌中で使われていてどう感じていただろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」