野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト、村上プロ初20号満塁弾でカード勝ち越し! 広島は引き分け挟み4連敗

ヤクルトは3日、敵地・マツダスタジアムでの広島戦を6-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。高卒2年目の村上がプロ初の20号満塁ホームランを放ち試合を決めた。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

5回に自身初となる20号満塁ホームランを放った村上

■ヤクルト 6-2 広島(3日・マツダスタジアム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトは3日、敵地・マツダスタジアムでの広島戦を6-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。高卒2年目の村上がプロ初の20号満塁ホームランを放ち試合を決めた。

 ヤクルトは1点リードの5回。2死満塁から青木が押し出し四球を選ぶと、続く村上が右翼席へ20号本塁ホームランを放ちこの回一挙5点を追加した。先発の寺原は5回3安打2失点の力投で2勝目をマーク。

 広島は来日初登板初先発のローレンスが5回4安打6失点で初黒星。チームは引き分けを挟み4連敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」