野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ14安打12得点で大勝! 井口監督ご満悦「今日はいい形で勝てた」

ロッテは3日、敵地・京セラドームで行われたオリックス戦を12-6で勝利し、前夜のサヨナラ負けの雪辱を晴らした。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

3回に打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い早々に試合を決める

■ロッテ 12-6 オリックス(3日・京セラドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは3日、敵地・京セラドームで行われたオリックス戦を12-6で勝利し、前夜のサヨナラ負けの雪辱を晴らした。

 初回、先頭の荻野が、オリックス先発ドラフト3位ルーキー・荒西の初球を左翼スタンド上段へ叩き込む6号ソロで先制。2回にモヤの移籍初となる1号ソロで同点とされるも3回に田村、藤岡の連打で一、三塁の好機を作り荻野がまたもや初球をとらえて右前へ運び、再び勝ち越しに成功。

 さらに1死から中村奨、清田の適時打で3点を奪い、荒西をKO。変わった吉田一から、この日、スタメン出場の5年目、香月一がプロ初本塁打となる1号3ランを右中間スタンドに叩き込み、この回一挙7得点。続く4回にも4安打4得点。終わってみれば先発全員安打の14安打12得点で大勝だった。

 今季3度目、最多タイとなる12得点で勝利した井口監督。「打線がつながって、しっかりと早い段階でビッグイニングを作って、東妻の登板機会も作れた。今日はいい形で勝てたと思います」と、前夜の雪辱を晴らした打撃陣を賞賛。「なんとかして勝ち越せるように」と、明日の試合へ向け、気を引き締め球場を後にした。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」