野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ香月、5年目のプロ初ホームランに興奮 「全打席振るしかないんです」

ロッテの香月一也内野手は3日、京セラドームで行われたオリックス戦でプロ入り5年目にして初ホームランを放った。

プロ初本塁打を放ったロッテ・香月一也【画像:(C)PLM】
プロ初本塁打を放ったロッテ・香月一也【画像:(C)PLM】

井口監督は「今後もチャンスがあれば、若い選手を使っていきたい」

■ロッテ 12-6 オリックス(3日・京セラドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの香月一也内野手は3日、京セラドームで行われたオリックス戦でプロ入り5年目にして初ホームランを放った。

 井口監督が「昨日、レフトへいい感じでて打てていた」と「7番・一塁」で今季初スタメンに起用。指揮官の思いに応えたのは、味方打線が3回に一挙4点を奪い、なおも2死一、二塁との場面だった。

 オリックス2番手・吉田一が、カウント2ボールからの投じた3球目。真ん中付近への142キロの直球を持ち前のフルスイングで強振。「打った瞬間行ったかな」と手応え十分の打球は、右翼スタンドに飛び込む1号3ラン。この打球がプロ5年目で初の本塁打となった。

「しっかり捉えることができましたし、しっかり振り抜くことができました。初ホームラン、めっちゃ嬉しいです」と、打った直後の喜びを語った香月。直球をとらえたことについては「狙ってはいなかった。まぐれです」と謙遜しつつも「全打席振るしかないです。自分の持ち味、『初球からどんどん降っていこう』というのがあったので、ファーストストライクはどんどん振るつもりでいった」と振り返った。

 指揮官も「今後もチャンスがあれば、若い選手を使っていきたい」と語りレギュラー組以外の選手の積極起用も視野に入れている。今回のプロ初本塁打は大きなアピールとなった香月だが「打つしかないのですが、守りでもアピールしたいです」と、持ち前の豪快な打撃だけではなく、今後は守備でもアピールしていく。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」