野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム吉川&宇佐見“トレードバッテリー”も3回途中3失点KO 外崎に3点適時打浴びる

日本ハムは4日、本拠地での西武戦。巨人から移籍した吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手の“トレードバッテリー”で挑んだが2回1/3、3安打3四球3失点で降板した。

日本ハム・吉川光夫【写真:石川加奈子】
日本ハム・吉川光夫【写真:石川加奈子】

巨人からトレード移籍した吉川-宇佐見のバッテリーも3回に3失点

■日本ハム – 西武(4日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは4日、本拠地での西武戦。巨人から移籍した吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手の“トレードバッテリー”で挑んだが2回1/3、3安打3四球3失点で降板した。

 初回は3者凡退でスタート、2回も1死から中村に四球を許したが後続を打ち取り無失点。だが、3回。先頭の金子侑に二塁内野安打を浴びると1死から秋山に四球、源田に左前打を浴び満塁のピンチを背負う。ここで外崎に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、続く山川に四球を与えたところで降板となった。

 1死一、三塁の場面で2番手には玉井がマウンドに上がり中村、岡田を打ち取り無失点に仕留めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」