野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・平石監督「3つしっかりやられた」 首位攻防戦で3タテ食らい、痛恨6連敗

楽天は痛恨の6連敗となった。4日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2連敗で迎えた首位攻防戦の3戦目だったが、初回にいきなり3点を失って敗れ、試合後、平石洋介監督は「3つしっかりやられました。カードが変わりますし、しっかりともう1回やらないとダメですね」と語った。

楽天・平石監督【写真:荒川祐史】
楽天・平石監督【写真:荒川祐史】

グラシアル1人に3連戦で3発11打点「いいようにやられている」

■ソフトバンク 6-3 楽天(4日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天は痛恨の6連敗となった。4日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2連敗で迎えた首位攻防戦の3戦目だったが、初回にいきなり3点を失って敗れ、試合後、平石洋介監督は「3つしっかりやられました。カードが変わりますし、しっかりともう1回やらないとダメですね」と語った。

 初回、先発の辛島が出鼻をくじかれた。内川に適時打を許して先制点を奪われると、グラシアルに2ランを被弾していきなり3失点。6回には内川の安打、デスパイネの四球でピンチを招くと、辛島からバトンを受けた青山がグラシアルに3ランを被弾した。

 グラシアルには初戦でも6打点を許し、この3連戦で3本塁打11打点を許した。指揮官も「対策は考えているけど、いいようにやられている。次回に向けて、その時の様態にもやるけど、話し合っていかないといけない」と唇を噛んでいた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」