野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA新ファーム施設に新設、若手選手寮「青星寮」に反映された選手・コーチの声

DeNAは現在、ファーム施設の機能強化ならびに選手の育成環境強化を目的に、横須賀スタジアムがある追浜公園内に「選手寮」「屋内練習場」「屋外練習場」を備えた「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA(ドック オブ ベイスターズ ヨコスカ)」の建設を進めている。着々と構想が形となる中、このほど若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」が新設された。

若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」の新設を喜ぶDeNAの上茶谷大河(左)と神里和毅【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」の新設を喜ぶDeNAの上茶谷大河(左)と神里和毅【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

2軍本拠地・横須賀にファーム施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」建設中

 DeNAは現在、ファーム施設の機能強化ならびに選手の育成環境強化を目的に、横須賀スタジアムがある追浜公園内に「選手寮」「屋内練習場」「屋外練習場」を備えた「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA(ドック オブ ベイスターズ ヨコスカ)」の建設を進めている。着々と構想が形となる中、このほど若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」が新設された。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新設された青星寮には、選手やコーチ、トレーナーらの声が反映され、より練習環境を快適にする工夫がなされているという。例えば「ストレッチができる部屋がほしい」という選手の声を受け、寮内に目的別のトレーニングフロアを設置。また、コーチやトレーナーの要望に応じ、ストレングスのトレーニングエリアには、バーベルなどの機器使用時に選手の身体的負担を軽減させるため、床にラバーマットが敷かれた。

 また、寮が生活場所としての機能の向上だけでなく、集中とリラックスの切り替えを補助する空間となれるようにデザイン。寮室から最短距離で練習に打ち込めるような動線設計、寮生同士がコミュニケーションを図れる共用リビングの設置、コンディショニング学や栄養学などプロ野球選手として必要な自主管理の基礎知
識を身に着けるための講義を行う多目的スペースの設置がなされた。

 ドラフト1位ルーキーの上茶谷大河投手は「ホテルのようにお洒落な寮ですね。お洒落なだけではなく、トレーニングフロアが部屋から近くて、野球に没頭できる環境が整っていると思います。寮生が集まる場所も増えて、コミュニケーションがとりやすくなると感じました」と満足げ。2年目の神里和毅外野手は「とても綺麗な寮で驚きました。部屋も細部までこだわっていてお洒落だと思います。僕のお気に入りは、テラスですね。快適なテラスで素振りもできますし、練習後はリラックスもできそうです」と喜びの声を寄せている。

 地上3階建ての青星寮には、食堂、ロッカールーム、トレーニングフロア「ANCHOR(アンカー)」「MAST(マスト)」、コンディショニングルーム「D-DECK(ディデッキ)」、テラス、メディアラウンジ、寮室が完備されている。より野球に集中できる環境が整ったDeNAファーム。ここから横浜の星が生まれる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」