野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日松坂、2軍戦で今季“初勝利” 6回4安打1失点、7個の三振奪う好投

中日の松坂大輔投手が5日、オセアン舞洲スタジアムで行われたウエスタン・リーグのオリックス戦に先発した。6回4安打1失点、7個の三振を奪う好投で、2軍戦ではあるものの、今季の“初勝利”をマークした。

中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

下半身を気にする仕草は見せながらも、6回までマウンドに立ち続ける

 中日の松坂大輔投手が5日、オセアン舞洲スタジアムで行われたウエスタン・リーグのオリックス戦に先発した。6回4安打1失点、7個の三振を奪う好投で、2軍戦ではあるものの、今季の“初勝利”をマークした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回、先頭の根本に四球を与えた松坂。盗塁で二塁に進まれると、岡崎に右翼越えの二塁打を許し、いきなり先制点を奪われた。2回はトレードでオリックスへ移籍した元チームメート松井佑を空振り三振。稲富を二ゴロ、杉本を空振り三振に仕留めて3者凡退に封じると、3回、4回も無失点に抑えた。

 5回は連打と四球で無死満塁とされたが、ここからが百戦錬磨の松坂の真骨頂。根本を一ゴロホームゲッツーに打ち取り、太田を遊ゴロ。無死満塁のピンチを無失点で凌いだ。6回も続投すると、安打こそ打たれたものの、この回も無失点。6回を投げて4安打1失点。7個の三振を奪った。時折、伸脚を繰り返すなど下半身を気にする仕草を見せながらも6回までマウンドに立ち続けて好投した。

 味方打線が7回に勝ち越しに成功し、松坂に白星の権利が付くと、その後、又吉、勝野、伊藤準とリレー。9回にはA・マルティネスの2ランが飛び出してリードを広げて中日が勝利し、2軍戦とはいえ、松坂は今季“初勝利”を手にした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」