野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリが貴重な先制点奪う 先発の山本は今季の対鷹3試合24回で防御率0.00

オリックスが先制に成功し、先発の山本由伸投手に援護を送った。5日、ほっともっとフィールドでのソフトバンク戦。7連勝中と勢いに乗る首位を相手に、3回に先制点を奪った。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

福田の四球、大城の安打でチャンスを作り、吉田正の併殺崩れで先制

■オリックス – ソフトバンク(5日・ほっと神戸)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスが先制に成功し、先発の山本由伸投手に援護を送った。5日、ほっともっとフィールドでのソフトバンク戦。7連勝中と勢いに乗る首位を相手に、3回に先制点を奪った。

 3回1死から福田が四球を選ぶと、大城の左前安打でチャンスが一、三塁に拡大。ここで吉田正は二ゴロに倒れたが、懸命に走って併殺を逃れ、福田が先制のホームを踏んだ。

 この日、オリックスの先発は山本由伸。今季はソフトバンク戦に3度先発し、24イニングを投げて、わずか8安打に封じ、失点はいまだにゼロ。防御率0.00という圧巻の成績を残している山本に、貴重な先制点を送った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」