野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人の新星若林がセ最多勝今永撃ち! チーム初安打が値千金の同点2ラン

巨人の期待の新星、若林晃弘内野手が、セ・リーグ勝利数トップのDeNA今永昇太投手から値千金の同点2ランを放った。

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

5回1死一塁で今永の8球目を左翼スタンドへ運ぶ

■巨人 – DeNA(5日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 巨人の期待の新星、若林晃弘内野手が、セ・リーグ勝利数トップのDeNA今永昇太投手から値千金の同点2ランを放った。

 5日、本拠地東京ドームでのDeNA戦。2点ビハインドの5回1死からビヤヌエバが四球で出塁すると、若林はフルカウントからの8球目を捉えた。今永のストレートを弾き返すと、打球は左翼スタンドへ。スイッチヒッターの若林にとって、右打席では初本塁打となる3号2ランとなった。

 今永はここまで巨人打線をノーヒットに封じる好投を見せており、この本塁打は今永が許したこの日最初の安打だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」