野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武競り負け2位浮上ならず 8回の継投が裏目、小野コーチ「私の責任」

西武は5日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦を接戦の末に落とした。

西武・今井達也【写真:荒川祐史】
西武・今井達也【写真:荒川祐史】

打線も4安打しか打てず、辻監督はロッテ二木に「さっぱりだった」とお手上げ

■ロッテ 4-2 西武(5日・ZOZOマリン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は5日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦を接戦の末に落とした。

 1-1の同点で迎えた8回に栗山の4号ソロで勝ち越しに成功したが、先発の今井がその裏に崩れた。レアード、清田の連打を浴びると、今井はここで降板。代わった武隈が角中に四球を与えると、1死満塁で3番手の平井へスイッチ。右腕の暴投で同点とされ、続く井上に勝ち越しタイムリーを浴びて試合を決められた。

 今井は7回1/3を投げて、4失点で7敗目。辻監督は「今井はよかったが、点を取ったあとに踏ん張って抑えてほしい」と注文をつけた。また、小野投手コーチは継投のタイミングについて「私の責任。申し訳ない」とうなだれた。

 チーム打率リーグトップの打線もロッテ先発・二木を攻略しきれず4安打のみに終わった。二木の好投に「さっぱりだった。タイミングが取りにくかった」と指揮官もお手上げだった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」