野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・渡辺が右足首手術で全治4か月 今江は右眼中心性漿液性脈絡網膜症と診断

楽天は5日、渡辺直人内野手が東京都内の病院で「右足首の習慣性腓骨筋腱脱臼に対する仮性嚢閉鎖術」を受けたと発表した。競技復帰まで4か月を要する見込み。

楽天・今江年晶(左)と渡辺直人【写真:荒川祐史】
楽天・今江年晶(左)と渡辺直人【写真:荒川祐史】

今江は1月の診断結果と同様で、今後は一度運動量を低減する

 楽天は5日、渡辺直人内野手が東京都内の病院で「右足首の習慣性腓骨筋腱脱臼に対する仮性嚢閉鎖術」を受けたと発表した。競技復帰まで4か月を要する見込み。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今江年晶内野手は東京都内の病院で検査を受け「右眼の中心性漿液性脈絡網膜症」と診断されたと発表した。1月の診断と同様の診断で、今後は一度運動量を低減し、全身的なコンディショニングを図っていくという。

 また、福山博之投手が4日に神奈川県内の病院で右肘鏡視下クリーニング手術と右肩鏡視下クリーニング手術を受けたことも発表。競技復帰まで6か月から8か月を要する見込みとなっており、今季中の復帰は絶望的となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」