野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、8回に乱れ3失点で7敗目 小野投手コーチは「私の責任。申し訳ない」

西武の今井達也投手が5日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、7回1/3を投げて3失点で7敗目を喫した。

西武・今井達也【写真:福谷佑介】
西武・今井達也【写真:福谷佑介】

本人は8回の連打を反省「中途半端なボールになってしまった」

■ロッテ 4-2 西武(5日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の今井達也投手が5日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、7回1/3を投げて3失点で7敗目を喫した。

 6回に源田の中犠飛で先制してもらったものの、その裏に2死満塁から押し出し四球で1点を失い同点とされた。8回には栗山の右越えソロで一時勝ち越し。しかし、直後の8回裏に崩れた。先頭の中村を打ち取ったが、1死からレアード、清田に連打を浴び、走者を残して降板。リリーフした2番手の武隈が角中に四球を与え、1死満塁とピンチが広がった。

 さらに、3番手・平井の暴投の間に同点とされると、井上にセンター前に抜けるタイムリーを浴び、勝ち越しを許した。結果的に今井の残した走者が全員生還する形となり、8回途中3失点で7敗目を喫した。

 今井は8回に連打を浴びた場面について「カウントを取りに行くのか、中途半端なボールになってしまった」と反省したが、小野投手コーチは「(カードの)頭を任せられる投球になってきた。成長している」と2試合連続で試合を作った今井を評価。その一方で「あそこを投げ切れば一皮むけると思った。私の責任。申し訳ない」と継投ミスを謝罪していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」