野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、6勝目ならず 7回途中1点リードで降板、リリーフが逆転許す…

ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)、敵地でのレイズ戦に先発し、今季6勝目はならなかった。1回もたず6失点でKOされたロンドンで行われた29日(同30日)のレッドソックス戦から中5日で先発し、7回途中までリードを守って降板したが、リリーフが打たれて白星が消滅した。

レイズ戦の先発マウンドに上がったヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
レイズ戦の先発マウンドに上がったヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7回途中まで好投も救援が打たれ、6回1/3で4失点

■レイズ – ヤンキース(日本時間6日・タンパ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)、敵地でのレイズ戦に先発し、今季6勝目はならなかった。1回もたず6失点でKOされたロンドンで行われた29日(同30日)のレッドソックス戦から中5日で先発し、7回途中までリードを守って降板したが、リリーフが打たれて白星が消滅した。

 初回、いきなりメドウズ、キアマイアーの単打で1死一、二塁のピンチを招いたものの、後続を打ち取り、無失点で発進した。2回、3回も走者を出しながら、無失点に切り抜けていた田中だったが、1点リードで迎えた4回先頭のロウにソロ本塁打を被弾し、同点に追いつかれた。味方打線が勝ち越しに成功した5回にも先頭のズニーノにソロ本塁打を浴びて、1点差に詰め寄られた。

 7回もマウンドに上がった田中だったが、1死からブロソーに左翼フェンス直撃の二塁打を浴び、自身の暴投とズニーノへの四球で1死一、三塁となり、ここで降板となった。ベンチに戻ると、がっくりと肩を落としてうなだれていた田中。勝利投手の権利は持っていたものの、代わった2番手コルテスJr.が四球で満塁とされ、2点適時打を浴びて逆転を許して白星は消滅した。

 勝利投手の権利から、試合をひっくり返され、一転、負け投手になりかねない田中だったが、その直後に代打ヒックスがソロを放ち、同点に。田中の黒星も消えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」