野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井口監督、相手のミスに乗じた攻撃評価「一気にいけて非常に良かった」

ロッテは7日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで西武に快勝し、3カードぶりの勝ち越しを決めた。0-1の5回、相手の3失策に乗じて一挙4点を挙げて逆転に成功すると、7回には7番井上の14号3ランなどでさらに4点を追加した。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

西武に快勝し3カードぶりに勝ち越しを決めた

■ロッテ 8-2 西武(7日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは7日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで西武に快勝し、3カードぶりの勝ち越しを決めた。0-1の5回、相手の3失策に乗じて一挙4点を挙げて逆転に成功すると、7回には7番井上の14号3ランなどでさらに4点を追加した。

 西武先発・松本航の前にゼロ行進が続いていた5回だ。先頭の角中が打ち上げた打球は、高く舞い上がり二塁頭上へ。この日のZOZOマリンは、風速どころか風向きも安定していないコンディション。この時は一塁から左翼方向へ9メートルの強風が吹き、これに煽られた打球はどんどんと中堅方向へと流されていった。二塁・外崎のグラブをかすめることなくグラウンドへ落ち、記録は二塁失策。角中は二塁まで進んだ。

 さらに1死二、三塁で、9番藤岡の打球は投手正面のゴロに。これを西武先発の松本航が一塁へ悪送球。三塁走者はもちろん、二塁から井上が巨体を揺らしながら一気にホームを駆け抜け、勝ち越した。その後、1死一、二塁で鈴木が左中間を破る適時二塁打を放ち、この回一挙に4点。7回は井上の14号3ランなどで再び4点を挙げ、試合を決定付けた。

 試合後、井口監督は「なかなか点が取れない中、ミスではありましたが、一気にいけたので非常に良かった」と、8得点を挙げた打線を評価。さらに14号3ランで試合を決定付けた井上に「7月に入って調子が上がってきている。前半を取り替えす気持ちで頑張ってほしい」と期待を寄せた。

 これで3カードぶりに勝ち越し。「オールスター前の残り3試合、全員でしっかりと勝ちにいきたいと思います」と、8日からの日本ハム戦へ向け、指揮官は気を引き締めていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」