野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、起伏に富んだ1年目の前半戦「打たれてよかったと言えるように…」

菊池雄星、起伏に富んだ1年目の前半戦「打たれてよかったと言えるように…」

マリナーズの菊池雄星投手が7日(日本時間8日)、今季から挑んだ米大リーグの前半戦を総括した。菊池は5日(同6日)のアスレチックス戦で7回3失点の好投も報われず今季6敗目を喫し、4勝6敗、防御率4.94の成績で折り返す。

マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

3登板連続で4回途中ノックアウト「成長をする機会だと捉えるようにした」

 マリナーズの菊池雄星投手が7日(日本時間8日)、今季から挑んだ米大リーグの前半戦を総括した。菊池は5日(同6日)のアスレチックス戦で7回3失点の好投も報われず今季6敗目を喫し、4勝6敗、防御率4.94の成績で折り返す。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここまでの19戦を振り返る率直な思いは「あっという間でした」から始まった。直後に継いだ言葉は「やはりレベルの高さは日々感じますし、それに対応していく楽しさ、厳しさも感じながら、前半戦を怪我なく終えられたのが一番かなと思います」。

 初白星を手にした4月20日まで6試合を要し、3勝目を挙げた5月19日の登板以降6月8日までの3登板はいずれも4回途中でノックアウトされた。日本時代にない屈辱を味わった直後、危機感は一気に募り胸の内では「あ、ヤバイ」と焦慮した。菊池はその打開の緒を「成長をする機会だと捉えるようにした」と、考え方の転換に求めた。

「10試合を超えた辺りから、しばらく勝てなくて打たれるという時期もありましたけど、そういう中でいろいろと変えていかなきゃいけないことと、勉強することと沢山ありました」

 この間、本塁方向へ微妙にずれた体重移動の修正に取り組み、二段モーションをやめ右足の使い方を西武時代の動きに戻してブルペン投球を行うなど、自身の引き出しとコーチ陣の力添えを得てトンネル脱出に前進し続けた。

 6月23日のオリオールズ戦で約1か月ぶりの勝利を手にした菊池は、5月8日のヤンキース戦に次ぐチェンジアップを多投。8球を織り込み活路を見いだした。そして、7月5日の登板で今季最多の15球を駆使して、前回5月25日の対戦で10安打5失点と打ち込まれたアスレチックス打線を苦しめた。相手のメルビン監督は「まったく違った配球で挑んできた」と驚きを露にした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」