野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武ドラ1松本航、自己最長6回も逆転許す失策に猛省 「自分の判断ミスです」

西武の松本航投手が7日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、6回4失点(自責0)で2敗目を喫した。

西武・松本航【写真:荒川祐史】
西武・松本航【写真:荒川祐史】

1死二、三塁から投ゴロを一塁へ悪送球し2人の走者が生還し逆転許す

■ロッテ 8-2 西武(7日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の松本航投手が7日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発し、6回4失点(自責0)で2敗目を喫した。

 この日は霧雨に強風という悪条件の中での先発。4回まで無失点と好投していたが、幕張の風に集中力をさらわれた。5回、先頭の角中が放った飛球が強風に煽られ、外崎が落球。続く井上に四球を与え1死二、三塁とされると、藤岡は投ゴロに。三塁走者は飛び出しかけたが、先発の松本航は慌てて一塁に送球。これが悪送球となり、逆転を許した。

 松本航は「焦ってしまった。距離感も頭に入っていなかった。とっさに1アウトを取ろうと思った」と猛省。松本航が投ゴロを処理する時点ではすでに三塁走者が飛び出していたため、一塁手の山川は三本間での挟殺プレーを想定。山川は本塁ベースカバーに入るつもりで一塁ベースよりもやや前方にいた。

 そのため、松本航の一塁送球を捕球できずボールは転々。その間に走者が2人生還。痛恨の失策に松本航は「焦ってよくわからなくなってしまった。普通に(一塁ではなく三塁に)投げていればよかった。自分の判断ミスです」と反省しきりだった。

 しかし、この日は自己最長の6回を投げ切った松本航。「今日は立ち上がりと、先頭打者を抑えることができたのがよかった。6回を投げることができたのはよかったので、次も投げたい」と前を向いていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」