野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ土肥、“2人の正妻”が導いた七夕誕生日星 「頑張ってくれてます」

ロッテ・土肥星也投手が7日、本拠地ZOZOマリンスタジアムの西武戦に先発し、5回1失点。直後にチームが逆転し、バースデー勝利で今季初勝利。それを支えたのは“2人の正妻”だった。

ロッテ・土肥星也【写真:荒川祐史】
ロッテ・土肥星也【写真:荒川祐史】

土肥は5回1失点で今季初勝利、バースデー勝利&結婚を発表

■ロッテ 8-2 西武(7日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテ・土肥星也投手が7日、本拠地ZOZOマリンスタジアムの西武戦に先発し、5回1失点。直後にチームが逆転し、バースデー勝利で今季初勝利。それを支えたのは“2人の正妻”だった。

 7月7日七夕。あいにくの空模様の中、この日が24歳の誕生日となる土肥が今季3度目の先発マウンドに上がった。初回はボールが高めに浮きながらも「今日はストレートが良かった」と、自らも手応えを感じていた直球を軸に3者凡退。上々の立ち上がりを見せる。

 しかし、「ストライク先行で行こうと思っていたのですが、ところどころ(コースを)狙いすぎて」と制球に苦しんだ土肥は2回以降、毎回得点圏に走者を背負う投球が続いた。そして迎えた5回、連打と2四球で2死満塁のピンチで山川には押し出し四球を与え先取点を許した。

 なおも2死満塁でさらなる失点は許されない場面。土肥の1軍登板3試合、バッテリーを組んできた柿沼は冷静に受け止めていた。「前回のヤクルト戦でも押し出しで失点したが、今日に関しては山川さんに長打を打たれてしまったら、一気に(相手に)流れが行ってしまうところだったので逆に良かった」。

 2軍時代からバッテリーを組む土肥と柿沼。「結構、投げたい球を投げたい時に要求してきてくれる」と信頼を寄せる柿沼のリードに導かれた土肥。続く森には最後はチェンジアップを内角低めに投じて、空振り三振を奪った。

「(土肥の)一番いいボールはチェンジアップ。それを生かすためにまっすぐやスライダーを使っていきながらになりますが、ここ一番になったらチェンジアップが大事になってくると思っています。逆に回転の綺麗な、スピンの効いたまっすぐを投げられるので、そこで押し込めたりできると思うので、一番はそこのコンビネーションです」。土肥の良さを知り尽くした柿沼とそれに応えた土肥。バッテリーが力を合わせた結果が最高の形となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」