野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍ルクロイ、クロスプレーで負傷退場 指揮官は危険タックルに激怒「処分を科すべき」

エ軍ルクロイ、クロスプレーで負傷退場 指揮官は危険タックルに激怒「処分を科すべき」

エンゼルスは7日(日本時間8日)、前半戦最後の1戦となった敵地アストロズ戦を延長10回を戦い10-11でサヨナラ負けを喫した。借金「1」で後半戦を迎えることになったが、正捕手のジョナサン・ルクロイ捕手が負傷退場するアクシデントに見舞われた。

アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】
アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】

三走マリスニックのタックルが頭部に入ったルクロイは意識朦朧に…

■アストロズ 11-10 エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスは7日(日本時間8日)、前半戦最後の1戦となった敵地アストロズ戦を延長10回を戦い10-11でサヨナラ負けを喫した。借金「1」で後半戦を迎えることになったが、正捕手のジョナサン・ルクロイ捕手が負傷退場するアクシデントに見舞われた。

 凄まじい衝撃音を残したクロスプレーに球場は悲鳴に包まれた。エンゼルスが同点に追い付かれた8回の守備。1死満塁からスプリンガーが放った打球を右翼手カルフーンが捕球し本塁へバックホーム。際どいタイミングとなったが三走・マリスニックの“タックル”が捕手ルクロイの頭部に入りボールは転々と転がった。

 ルクロイはグラウンドに倒れ込み、目はうつろ状態。ベンチからトレーナーらが駆け寄るとルクロイは上体を起こし救護カーに運ばれグラウンドを後にした。意識がはっきりしたことが分かると球場からは拍手が巻き起こった。

 試合後、オースマス監督は正捕手ルクロイの負傷退場となった危険なプレーに「間違いなくクリーンなプレーには見えなかった。マリスニックが左に寄り、彼に衝突した。判定は正しかった。正直、MLBはこのプレーを見直し、なんらかの処分を科すべきだと思う」と怒り心頭だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」