野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍ルクロイが負傷退場となった危険タックルに米メディア驚愕 「フルスピードで…」

エ軍ルクロイが負傷退場となった危険タックルに米メディア驚愕 「フルスピードで…」

エンゼルスのジョナサン・ルクロイ捕手が7日(日本時間8日)、前半戦最後の1戦となった敵地アストロズ戦で強烈な“タックル”を受け負傷退場となった。一時は起き上がることもできないほど意識朦朧となった危険プレーに米メディア、ファンから非難の声が上がっている。

アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】
アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】

頭部にタックルを受けたルクロイはその場で倒れ、しばらく起き上がれず

■アストロズ 11-10 エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスのジョナサン・ルクロイ捕手が7日(日本時間8日)、前半戦最後の1戦となった敵地アストロズ戦で強烈な“タックル”を受け負傷退場となった。一時は起き上がることもできないほど意識朦朧となった危険プレーに米メディア、ファンから非難の声が上がっている。

 問題の場面はエンゼルスが同点に追い付かれ、なおも1死満塁の8回。スプリンガーが放った打球を右翼手カルフーンが捕球し本塁へバックホーム。三塁走者・マリスニックは一旦走路を変更し“タックル”気味に捕手ルクロイと衝突。右肩付近が頭部に直撃したルクロイはその場で倒れ、しばらくの間起き上がることができなかった。

 試合は一時中断しルクロイは救護カーに運ばれ負傷交代。米メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は自身のツイッターで「マリスニックが本塁でルクロイにフルスピードで衝突した」と、その衝撃を伝えた。

 さらにMLB公式サイトのレット・ボリンジャー記者も「なんてことだ。マリスニックが本塁でルクロイと衝突し、ルクロイがダメージを受けた。怖いプレーだ」と、一歩間違えば命に関わる危険プレーを指摘。

 際どいタイミング、流れの中で起こったプレーにも見えたがファンはマリスニックのタックルに批難の声を上げていた。

「汚い」

「ルクロイが大丈夫だといいけど」

「この本塁での衝突は恐ろしい」

「これは酷い」

「なんてこった」

「悲しい」

「これはとんでもない」

「マリスニックは出場停止処分を受けるべきだ」

 前半戦最後の一戦で正捕手が負傷退場する事態となったエンゼルス。借金「1」で迎える後半戦に向けファンからは心配の声が上がっていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」