野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年前の指名漏れから今秋ドラフト候補へ名乗り 名門社会人打者に芽生えたもの

13日に第90回都市対抗野球大会が開幕する。5年連続44回目の出場となる強豪、日本通運の諸見里匠内野手は、国学院大4年だった2年前のドラフトで指名漏れを経験。悔しさをバネにプロの舞台を目指し、勝負の年に挑んでいる。

日本通運・諸見里匠【写真:編集部】
日本通運・諸見里匠【写真:編集部】

日本通運の主軸・諸見里匠内野手 沖縄尚学では春夏甲子園出場 国学院大では主将

 13日に第90回都市対抗野球大会が開幕する。5年連続44回目の出場となる強豪、日本通運の諸見里匠内野手は、国学院大4年だった2年前のドラフトで指名漏れを経験。悔しさをバネにプロの舞台を目指し、勝負の年に挑んでいる。

 沖縄県出身の24歳。沖縄尚学では1年から遊撃のレギュラーを掴み、3年時には主将として春夏ともに甲子園に出場した。進学した国学院大では1年の春からリーグ戦に出場し、高校に続き大学でも主将を務め、4年春にはベストナインを獲得した。

「小・中・高・大でキャプテンを務めましたが、しゃべるのは上手くないです。プレーで引っ張っていくタイプでした。大学進学のために沖縄から上京しましたが、すんなりと新しい生活に馴染むことができました」

 国学院大では山崎剛内野手(楽天)とともに二遊間を組んだ。高い守備力が魅力だが、大学で守備の基本を徹底的に叩き込まれ、それが体現できるようになったことが上達の理由だという。4年春にベストナインを獲得したことも自信になり、プロ志望届を提出。しかし、山崎が楽天から3位指名を受けた一方で、諸見里の名前が呼ばれることはなかった。

「大学では、守備は成長しました。山崎と一緒に、コーチに付きっ切りでノックをしてもらいました。守備には自信がありましたが、ドラフトで指名されなかったのは打力不足が原因だと思います。4年秋の打率は2割台でした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」