野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム杉谷、キャリアハイの4号ソロ 同僚は“無視”せず、ハイタッチで迎える

日本ハムの杉谷拳士内野手が、キャリアハイとなる4号のソロ本塁打を放った。

日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】
日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】

3回2死で岩下から右翼スタンドへのソロ本塁打放つ

■ロッテ – 日本ハム(8日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの杉谷拳士内野手が、キャリアハイとなる4号のソロ本塁打を放った。

 8日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。2点をリードして迎えた3回、2死走者なしでこの日の第2打席に入ると、2ボール1ストライクからの4球目を捉えた。岩下の145キロを弾き返すと、右翼スタンドへと飛び込む4号ソロとなった。

 ガッツポーズを決めてダイヤモンドを一周。左右両打席本塁打を放った際にはチームメートからハイタッチを“無視”された杉谷だったが、この日はチームメートからハイタッチで迎えられ、喜びを分かち合っていた。

 2008年のドラフト6位で帝京高から入団した杉谷は今季で11年目。昨季打った3本塁打がシーズン最多本塁打で、これを更新するキャリアハイの一発となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」