野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川、13試合ぶり28号ソロ 久々「どすこい」ポーズで「打ててよかった」

西武の山川穂高内野手が8日、ソフトバンク戦(東京ドーム)で6回に28号ソロを放った。山川の本塁打は6月20日の27号ソロ以来、実に13試合ぶりとなった。

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

ミランダから左中間スタンドへと運ぶ

■ソフトバンク – 西武(8日・東京ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の山川穂高内野手が8日、ソフトバンク戦(東京ドーム)で6回に28号ソロを放った。山川の本塁打は6月20日の27号ソロ以来、実に13試合ぶりとなった。

 この日は序盤からソフトバンクに3本のホームランが飛び出す空中戦になっていたが、昨季の本塁打王が意地を見せた。27打席ノーヒットと絶不調だった山川のバットから、久々の快音。5点ビハインドの6回、先頭で打席に入るとソフトバンク先発・ミランダが投じた外角のチェンジアップを捉え、左中間スタンドに一直線に叩き込んだ。

 安堵の表情でダイヤモンドを一周すると、ベンチ前でお決まりの「どすこい」ポーズを披露。「打ててよかった」とほっとした表情で振り返っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」