野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メッツのアロンソがルーキーV! 合計91発のゲレーロJr.は史上初親子Vならず…球宴本塁打競争

メッツのアロンソがルーキーV! 合計91発のゲレーロJr.は史上初親子Vならず…球宴本塁打競争

第90回MLBオールスターのホームランダービーが8日(日本時間9日)、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われ、メッツの新人ピート・アロンソ内野手が優勝した。

HR競争で優勝したメッツのピート・アロンソ【写真:AP】
HR競争で優勝したメッツのピート・アロンソ【写真:AP】

決勝はゲレーロJr.の22本塁打に対し、アロンソが23本塁打を放つ

 第90回MLBオールスターのホームランダービーが8日(日本時間9日)、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われ、メッツの新人ピート・アロンソ内野手が優勝した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 第1ラウンドはまず、ドジャースのピーダーソンが21本塁打を放ち、16本塁打だったアストロズのブレグマンを下して準決勝に進出。続く第2試合で登場したブルージェイズのゲレーロJr.が衝撃的だった。史上最年少でダービー出場となった20歳は次々にスタンドにボールを打ち込み、中には476フィート(約145.1メートル)の特大弾も。2008年にジョシュ・ハミルトンが放った28発を超える史上最多の29発を放ち、アスレチックスのチャップマンを下した。

 残る2試合はブレーブスのアクーニャJr.が24本塁打を放ちパイレーツのベルに、メッツのアロンソは14本塁打で地元インディアンスのサンタナを下して、それぞれ準決勝に駒を進めた。

 準決勝の第1試合は歴史に残る衝撃の大激戦となった。先攻のゲレーロJr.が第1ラウンドに並ぶ29本塁打を放つと、ピーダーソンも負けずに29本塁打を放って同点に。1分間の延長戦でも互いに8本塁打を放ち譲らず。3スイングずつの再延長戦に突入した。再延長はまず互いに1本ずつを放ち、ふた回り目に。ここでゲレーロJr.の2発に対し、ピーダーソンは1本に終わり、40本塁打対39本塁打という大接戦の末にゲレーロJr.が決勝に進んだ。

 準決勝第2試合ではアロンソが、アクーニャJr.を20本塁打対19本塁打で下して決勝に駒を進め、ゲレーロJr.とのルーキー同士の決勝戦が実現した。ゲレーロJr.は決勝では、準決勝までの疲れが如実に見られたが、ラスト2分を切ってから次々に本塁打を連発。4分間で20本塁打を放つと、30秒のボーナスタイムで2本を加えて22本塁打とした。後攻のアロンソは次々にスタンドにアーチをかけると、23本塁打を放ち、衝撃的な活躍を見せたゲレーロJr.を打ち破って頂点に立った。

【第1ラウンド】
ジョク・ピーダーソン(ドジャース)21本 ◯

アレックス・ブレグマン(アストロズ)16本

ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)29本 ○

マット・チャップマン(アスレチックス)13本

ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)24本 ○

ジョシュ・ベル(パイレーツ)18本

カルロス・サンタナ(インディアンス)13本

ピート・アロンソ(メッツ)14本 ○

【準決勝】
ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)40本 ○

ジョク・ピーダーソン(ドジャース)39本

ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)19本

ピート・アロンソ(メッツ)20本 ○

【決勝】
ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)22本

ピート・アロンソ(メッツ)23本 ○

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」