野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は「世界最高のナイスガイ」 エ軍同僚が語る素顔「英語がすごく上手い」

大谷翔平は「世界最高のナイスガイ」 エ軍同僚が語る素顔「英語がすごく上手い」

エンゼルスのトミー・ラステラ内野手はローラーコースターのような前半戦を過ごした。代打の切り札だったカブスから出場機会を求めて加入した万能派は新天地でリードオフマンとして覚醒。打率.300、16本塁打、44打点と大活躍し、30歳にしてキャリア初のオールスター選出を果たした。だが、2日のレンジャーズ戦で自打球により左足腓骨骨折。全治8週間~10週間というアクシデントに見舞われた。

エンゼルス・大谷翔平(右)とトミー・ラステラ【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(右)とトミー・ラステラ【写真:Getty Images】

「通訳のイッペイも最高なんだ」と水原通訳も絶賛のラステラ

 エンゼルスのトミー・ラステラ内野手はローラーコースターのような前半戦を過ごした。代打の切り札だったカブスから出場機会を求めて加入した万能派は新天地でリードオフマンとして覚醒。打率.300、16本塁打、44打点と大活躍し、30歳にしてキャリア初のオールスター選出を果たした。だが、2日のレンジャーズ戦で自打球により左足腓骨骨折。全治8週間~10週間というアクシデントに見舞われた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 7日(日本時間8日)にクリーブランドで行われたオールスターイベントに、ラステラも参加。そこでブレークを果たした今季、そして、チームメートの大谷翔平投手と支える水原一平通訳について大いに語ってくれた。

「まだ、まだリハビリできていないんだ。リハビリ開始までにはまだ時間がかかるだろうね」。痛めた足についてこう語ったラステラは今季序盤戦のア・リーグに驚きをもたらした。打率.300、16本塁打を放った前半戦について「満足してるんだ。今季に関してはもっとプレータイムを求めての移籍だった。安定した出場機会が欲しかったんだ。それがオールスターに選ばれるまでのプレーができた。これを足がかりに後半戦も積み上げたいよ」と振り返った。

 カブスで4年間、代打やユーティリティとして活躍。ワールドシリーズ制覇にも貢献したが、欲しかったのはより多くのプレーの機会だった。カブスファンに愛された男はレギュラーの座へのこだわりから、エンゼルスに移籍。そこで、打撃を一気に開花させた。

「似ているよ。どちらも選手の距離感がすごく近い。クラブハウス、スタッフ、フロントの絆が固いんだ。空気はよく似ているね」とカブスとエンゼルスのカラーについて語ったラステラ。エンゼルスで強烈なインパクトを与えた1、2、3番トリオの仲間については一目を置いている。

「トラウトはスペシャルだよ。彼はメジャー最高の選手。信じられないほどハードワークするんだ。自分の技術の完璧さを保つために、ね。それがあるから、彼はメジャーのトップにいられるんだ」。自らの後ろを打つことの多かった天才マイク・トラウト外野手を称えたラステラ。さらには、打者・大谷のクオリティの高さも評価した。

「あとショウヘイだね。彼のことを見るのは移籍してから初めてだったけれど、彼は印象的だ。単なるパワーヒッターというわけでない。彼は打者として本当に本当にクオリティが高いんだ。パワーもスピードも兼ね備えている。本当に凄まじいよ」。カブスで対戦機会のなかったラステラは大谷の打撃を目の当たりにし、驚きを隠せない様子だった。

 大谷は2019年シーズン前半戦で打率.303、14本塁打、38打点、OPS(出塁率+長打率).924と上々の成績を残した。チームメートとしても関係は極めて良好だという。「知っているかな? 彼の英語はすごく上手いんだよ。ジョークも言ってくるけれど、世界最高のナイスガイだろうね。彼の場合は人間性も素晴らしいね。通訳のイッペイも最高な男なんだ」。大谷の人間性を絶賛し、世界一のナイスガイとまで言い切った。さらには、チームで人気の水原通訳についても気に入った様子だった。

「とにかく怪我を治したい。そして、チームに復帰して、プレーオフに出場できるポジションまで引き上げたいよ」と語るラステラ。脅威の「トラウタニコンビ」のみならず、後半戦は遅咲きのリードオフマンにも注目したい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」