野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 本塁打増はMLBの狙い通り? バーランダー「100%」「試合をぶち壊している」

本塁打増はMLBの狙い通り? バーランダー「100%」「試合をぶち壊している」

アストロズのジャスティン・バーランダー投手は大リーグが意図的に遠くに飛びやすいボールを使用していると主張した。米スポーツ局「ESPN」のジェフ・パッサン記者が伝えている。

アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

バーランダーは今季メジャー最悪26被弾「ボールが飛ぶようになったのが偶然なんて信じられない」

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手は大リーグが意図的に遠くに飛びやすいボールを使用していると主張した。米スポーツ局「ESPN」のジェフ・パッサン記者が伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 これまでにMLB機構は飛ぶボール説について否定。MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏はボールが本塁打の増加に関係しているか調査させたところ、ボールのパフォーマンスは異なるものの、本塁打の増加には影響がないと結論づけていた。この調査結果発表後の1か月後の18年6月にMLB機構はボールを供給するローリングス社を買収した。8日にマンフレッド氏はボールに変化があったことを認めたが、ボールの構造へのMLBの関与は否定した。MLBによるボール供給会社の買収で、バーランダーの不信感は募る一方のようだ。同局は剛腕のコメントをこう紹介している。

「MLBは試合をぶち壊している。彼らはローリングス社を所有しているんだ。マンフレッドがボールの芯の位置のせいかもしれないと言っていた。でも、その会社を所有しているんだよ。もし400億ドルの会社が4億ドルの会社を買収し、製品が劇的に変化したとしたら、何かが起こったというのは推測じゃない」

「皆、何が起こったか知っている。マンフレッドが就任した時、何と言った? 彼はもっとオフェンスが必要だと言ったんだ。偶然じゃない。僕たちはバカじゃない。(ボールが変わったことを)100%確信している。ずっとホームランダービーではそうしてきたのだから、やり方を知っている。偶然じゃない。MLBがローリングス社を所有し、ボールが飛ぶようになったのが偶然なんて信じられない」

 通算214勝を挙げている剛腕は今季10勝4敗、防御率2.98。9日(日本時間10日)に行われたオールスター戦のア・リーグ先発投手を務めたが、今季はすでにメジャーワースト26被弾。キャリア最悪だった16年の30被弾を大幅に更新するペースとなっている。長く第一線で活躍してきたが、「打者が誰であっても、本塁打が打てるから、非常に危険だと感じる」という。

「マウンドでの感じがすごく嫌だ。ゾーンに投げたら、打者は持っていく。上手く当てられなければいいということではなくなった。バットに当てられないようにしなければならない。5年前なら、速球で仕留められた場合も、今年は、そういかなかった場面が何度もあった。もうそうはできない。8番、9番打者でも、本塁打を打つことができる」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」