野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

先発投手負傷に手薄な投手陣… ロッテ吉井コーチが立てた「最高」の継投プラン

ロッテは10日、「ブルペンデー」として挑んだ日本ハム戦を6人の投手継投で5-0と完封勝利。その陰には吉井理人投手コーチの、投手運用に対する明確なビジョンがあった。

ロッテ・吉井投手コーチ【写真:荒川祐史】
ロッテ・吉井投手コーチ【写真:荒川祐史】

ブルペンデーで完封勝ち 6人の投手継投の裏に明確なビジョン「事前に色々と考えて…」

■ロッテ 5-0 日本ハム(10日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは10日、「ブルペンデー」として挑んだ日本ハム戦を6人の投手継投で5-0と完封勝利。その陰には吉井理人投手コーチの、投手運用に対する明確なビジョンがあった。

 先発を予定していたボルシンガーが右足を捻挫したことを受け、10日の試合を「ブルペンデー」として臨むことになったロッテ。吉井コーチは試合後に「今回は選択肢がそれしかなかった。2軍にも先発できる投手がいなかった」と、苦肉の策であったと明かした。その中で「事前に色々と考えて、うまくいった時にはこれだろうと、選手たちに『最高の順番』と発表した」というのが唐川からスタートした6人の継投だった。

 唐川を先発にした理由は「いくつかあって、先発させても普段通り投げてくれる。いつも試合を見ていて、どんな状況でも普段通りに投げてくれるし、タイプ的にもパンパンパーンとゴロアウト3つで試合に勢いがつくかな」。先発経験を重視したのではなく、あくまで普段の投球スタイルからの選択だった。「田中も考えていたんですが、前日(9日)に投げると3連投になってしまう。予告先発で9日に先発を発表しないといけなかったので、唐川なら8日に登板していないので、9日に投げたとしても連投で済む」と、予告先発の発表時には始まっていなかった9日の試合を含めて田中の3連投を避ける意味合いもあったという。

 その唐川は、ゴロで3者凡退とはいかなかったが、予定の1イニングを無失点に抑えて降板。2番手にはロングリリーフを任されることも多いチェンがマウンドへ。吉井コーチはこの2番手をこの試合の「肝」だと位置付けていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」