野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

92年日本シリーズ伝説の満塁弾 元ヤクルト強打の切り札 杉浦氏が快音2点打

ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。若松勉監督率いる「Swallows LEGENDS」で「4番・一塁」でスタメン出場した杉浦亨氏が同点の3回無死満塁から、2点適時打を放った。

3回に2点適時打を放った杉浦亨氏【写真:荒川祐史】
3回に2点適時打を放った杉浦亨氏【写真:荒川祐史】

「4番・一塁」でスタメン出場 かつての応援マーチが神宮に響く

 ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。若松勉監督率いる「Swallows LEGENDS」で「4番・一塁」でスタメン出場した杉浦亨氏が同点の3回無死満塁から、2点適時打を放った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 杉浦氏といえば、1992年、西武との日本シリーズの第1戦。3-3の延長12回1死満塁から代打サヨナラ満塁本塁打をマーク。日本シリーズ史に刻まれる本塁打を放った。当時と同じ応援マーチが神宮球場に響き渡り、往年の打撃フォームから、快音を響かせていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」