野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日ファン囁く“ホームランテラス待望論” 賛否を実際に選手、監督に聞いてみた

中日は前半戦を80試合37勝43敗の5位で終えた。首位の巨人とは離れているが、2位のDeNA、阪神とは2ゲーム差。充分にAクラスを狙える位置だ。

中日・高橋周平、与田剛監督、大野雄大(左から)【写真:荒川祐史】
中日・高橋周平、与田剛監督、大野雄大(左から)【写真:荒川祐史】

前半戦を終えチーム本塁打46本は12球団ワーストの中日

 中日は前半戦を80試合37勝43敗の5位で終えた。首位の巨人とは離れているが、2位のDeNA、阪神とは2ゲーム差。充分にAクラスを狙える位置だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日のチーム打率は2割6分でリーグ2位。得点圏打率は2割5分7厘でリーグトップ。実は「チャンスであと1本」は出ている。しかし、得点は306でワースト。その原因の1つは46本と最少の本塁打数。最多の巨人107本とは2倍以上の差。残念ながら、「チャンスで一発」は中々飛び出さないのだ。

 そこで「ナゴヤドームにホームランテラスを作っては」という声がファンの間でも囁かれるようになった。これを選手はどう思っているのか。賛否を聞いた。ハーラートップタイの9勝を挙げている柳裕也は即答だった。

「絶対に要らないです。声を大にして反対運動をしたいくらい。ビジターからナゴヤドームに帰ってくると、本当に広さを実感します。1つくらいピッチャー有利な球場があってもいいんじゃないですか」

 大野雄大も反対だった。

「ナゴヤドームで助かったという打球はたくさんあります。今年、ヤフオクで先発しましたが、不思議なもので、そもそもテラスがある球場だと思って投げると、テラスに入っても割り切れるんです。ただ、今のナゴヤドームにテラスができると、『これまでならアウトだったのに』と凹むでしょうね」

 一方、平田良介は大賛成。

「ナゴヤドームでは完璧に打たないと、入りません。ただ、他の球場では少し詰まったり、先っぽに当たったりしても、ホームランになる可能性があります。これはめちゃくちゃ大きい。フェンス直撃や柵越えがナゴヤドームではアウトになる。シーズンを通すと、成績は全然違ってきます。ここでは野手は育ちにくいと思います」

 ダヤン・ビシエドは白い歯を見せた。

「良い提案だ。欲しいね。ただ、狭くなったからと言って、ホームランは狙わないよ。ミートに集中するだけだ。ピッチャーに不利だが、それは相手チームも同じ。僕は歓迎だね」

 ほぼ同じ意見なのが高橋周平。

「賛成です。ただ、球場によって打撃を変えることはありません。テラスができたとしても、ホームランは狙わないです」

 パワーヒッターではない京田陽太も賛成派だった。

「ファンが喜ぶんじゃないですか。野球は点取りゲーム」

 ベテランの藤井淳志も同意見。

「ホームランは野球の醍醐味。お客さんが楽しいはず。テラス席を作れば、少し割高でもチケットは売れるでしょう。興行面を考えても、球団にとってはプラス」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」