野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍の継投ノーノーにあった奇跡的な過去 地元での前回達成日はスカッグスが生まれた日

エ軍の継投ノーノーにあった奇跡的な過去 地元での前回達成日はスカッグスが生まれた日

エンゼルスは12日(日本時間13日)に行われた本拠地マリナーズ戦で継投でのノーヒットノーランを達成し、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合を勝利で飾った。後半戦初戦のこの日は、スカッグス投手が急死してから初のホームゲーム。選手全員が背番号「45」のユニホームを着用して試合に臨み、MLB史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成して13-0で大勝した。

スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】
スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】

7月13日が誕生日でこの日は初回に7得点&13安打13得点、史上13度目の継投ノーノー

■エンゼルス 13-0 マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスは12日(日本時間13日)に行われた本拠地マリナーズ戦で継投でのノーヒットノーランを達成し、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合を勝利で飾った。後半戦初戦のこの日は、スカッグス投手が急死してから初のホームゲーム。選手全員が背番号「45」のユニホームを着用して試合に臨み、MLB史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成して13-0で大勝した。

 先発したコールがオープナーとして2回をノーヒットに封じると、2番手のペーニャが9回までの7イニングを無安打無失点に抑えて、快挙を達成した。打線も初回から打者一巡の猛攻で7得点を奪い、13安打13得点で13-0で大勝した。試合後には選手全員が45番のユニホームを脱いでマウンド上に並べ、スカッグスの死を悼んだ。

 スカッグスが突然、この世を去ったのは7月1日(日本時間2日)のこと。遠征先のテキサス州のホテル内で急死していた。悲しみに暮れたエンゼルスナインはレンジャーズ、アストロズと敵地での対戦を続け、そのままオールスターブレイクに入った。本拠地エンゼルスタジアムでの試合は、スカッグスの急逝後、この日が初めてだった。

 史上13度目の継投でのノーヒットノーランを達成したこの試合。スカッグスにまつわる、様々な“奇跡的”な記録が残った。

 スカッグスは7月13日が誕生日で、翌日には28歳のバースデーを迎えるはずだった。誕生日を前にした追悼試合で、エンゼルス打線は初回に“7”得点を奪い、計“13”安打“13”得点で圧勝。試合後、この日6打点をあげたトラウトも「信じられないよ。初回に7点入れ、13点で勝利した。タイラーの誕生日は7月13日なんだ。明日だよ。13点、13安打、もちろん明日は13日。彼は間違いなく僕たちのことを見ているね」と驚きを口にしていた。

 さらに継投でのノーヒットノーランはMLB史上“13”度目のことで、ここにも“13”が。また、米データ分析会社「STATS」は公式ツイッターで「前回カリフォルニア州で継投でのノーヒットノーランが達成されたのは? 1991年7月13日のオークランドでのアスレチックス対オリオールズ戦―同じ日、タイラー・スカッグスが誕生した」と、奇跡的な繋がりをレポート。スカッグスはエンゼルスの本拠地もあるカリフォルニア州のサンタモニカの生まれだった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」