野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍の継投ノーノー 喫したマリナーズ選手も感銘「これにゾクゾクしないなんて…」

エ軍の継投ノーノー 喫したマリナーズ選手も感銘「これにゾクゾクしないなんて…」

12日(日本時間13日)に行われた本拠地でのマリナーズ戦で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成した大谷翔平投手の在籍するエンゼルス。先発のコールが2回を無安打に封じると、3回からは2番手のペーニャが7イニングをノーヒットに封じて、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合で快挙を成し遂げた。

スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】
スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】

マリナーズのサービス監督は「野球の神様はいるんだ」

■エンゼルス 13-0 マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 12日(日本時間13日)に行われた本拠地でのマリナーズ戦で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成した大谷翔平投手の在籍するエンゼルス。先発のコールが2回を無安打に封じると、3回からは2番手のペーニャが7イニングをノーヒットに封じて、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合で快挙を成し遂げた。

 打線も初回に打者一巡の猛攻で7得点を奪い、13安打13得点で大勝したエンゼルス。選手全員がスカッグスの背番号「45」のユニホームを着用して試合に臨み、スカッグスの誕生日前日に捧げる白星をノーヒットノーランで飾った。試合後には全選手がマウンド付近で歓喜の輪を作り、ユニホームを脱ぎマウンドにそれを並べる光景はファンに感動を呼んだ。

 ノーヒットノーランを食らうこととなったマリナーズの選手、監督たちも、この快挙には胸を打たれた様子。MLB公式サイトは「スカッグスの45を着て、エンゼルスは継投ノーノー」とする記事を掲載し、その中でマリナーズサイドのコメントも伝えている。

「エンゼルスタジアムから35マイル北西にあるハリウッドで作られたとしても、信じられないような夜だった」とし、この日のあまりにも感動的な夜を伝えたMLB公式サイトの記事。その中でマリナーズのボーゲルバックは「これにゾクゾクしないなら、心臓が動いていないんじゃないかと思う。彼のお母さんや家族の姿を見て、影響を受けた全ての人たちのことを考えると、僕たちはヒットや勝利のことを心配しているけど、彼らは家族を失ったんだ。彼らに敬意を表する。祈りを捧げるよ。彼らが経験していることは想像を絶する」とコメントしている。

 また、マリナーズのスコット・サービス監督もエンゼルスナインの快挙を祝福。「野球の神様はいるんだ。いつも言っているが。今日の試合はクレイジーだった。多くの感情が伴った」と語り、ノーヒットノーランを喫した悔しさよりも、エンゼルスの選手たちの奮闘を称えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」