野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「絶対に忘れられない」 エ軍のノーノー達成後の行動を米メディア称賛

「絶対に忘れられない」 エ軍のノーノー達成後の行動を米メディア称賛

12日(日本時間13日)に行われた本拠地でのマリナーズ戦で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成したエンゼルス。先発のコールが2回を無安打に封じると、3回からは2番手のペーニャが7イニングをノーヒットに封じて、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合で快挙を成し遂げた。

スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】
スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】

ノーノー達成の試合後、選手たちはユニホームを脱ぎマウンドに並べる

■エンゼルス 13-0 マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 12日(日本時間13日)に行われた本拠地でのマリナーズ戦で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成したエンゼルス。先発のコールが2回を無安打に封じると、3回からは2番手のペーニャが7イニングをノーヒットに封じて、急逝したタイラー・スカッグス投手の追悼試合で快挙を成し遂げた。

 打線も初回に打者一巡の猛攻で7得点を奪い、13安打13得点で大勝。選手全員がスカッグスの背番号「45」のユニホームを着用して試合に臨み、スカッグスの誕生日前日に捧げる白星をノーヒットノーランで飾った。試合後に全選手がマウンド付近で歓喜の輪を作り、ユニホームを脱ぎマウンドにそれを並べる光景はファンに感動を呼んだ。

 このエンゼルスナインの追悼の行動に米メディア「CBSスポーツ」電子版も「エンゼルスがノーヒットノーラン達成後、タイラー・スカッグスの45番ユニホームでマウンドを覆う」として、この模様を伝え「この先何十年も我々の心に残るものとなるだろう」とレポートした。

 記事ではまず「エンゼルスタジアムでタイラー・スカッグスの短すぎる人生を追悼した夜に、エンゼルスはマリナーズ戦で継投ノーヒットノーランを達成した」としてエンゼルスナインが成し遂げた偉業を紹介。そして「ノーヒットノーランで試合が終了した直後、スカッグスのチームメートたちはマウンドに向かい、我々が絶対に忘れられない映像を見せた」とし、感動の場面を回顧した。

 マウンド付近で勝利の喜びを分かち合ったエンゼルスナイン。全員が背負った「45」のユニホームを選手たちが脱ぐと、1人、また1人とマウンド上に敷き詰めていった。涙なしには見ることのできないこのシーン。「CBSスポーツ」は「この行動は2019年7月12日の奇跡が起こっていなくても、恐らく実施されていただろう。しかし、奇跡が起こった直後のマウンドがスカッグスの45番ユニホームに覆われていく様は、この先何十年も我々の心に残るものとなるだろう。彼のチームメートであれ、家族であれ、もしくはただのファンであったとしても、今我々が見ているものを忘れることはできない」と記していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」