野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、後半戦開幕を託されるも6回4失点「逆転してくれた次の回に…」

西武の今井達也投手が15日のロッテ戦(メットライフ)に先発し、6回8安打4失点でマウンドを降りた。

ロッテ戦に先発した西武・今井達也【写真:荒川祐史】
ロッテ戦に先発した西武・今井達也【写真:荒川祐史】

ロッテ戦で6回8安打4失点 勝ち負けは付かず

■ロッテ 6-5 西武(15日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の今井達也投手が15日のロッテ戦(メットライフ)に先発し、6回8安打4失点でマウンドを降りた。

 初回に清田のタイムリーで1点を失ったものの、直後に味方打線が4点を奪い逆転に成功した。しかし、逆転してもらった直後の2回には荻野の犠飛で2点差に詰め寄られ、さらに2死満塁の場面で暴投。その間に走者2人が生還し、同点に追いつかれた。それでも3回以降はカーブを織り交ぜながら緩急をつける投球で立ち直り、ロッテ打線に追加点を与えることなく6回101球を投げ切り降板した。

 今井は「味方が逆転してくれた次の回にすぐ同点に追いつかれてしまいましたが、本当はあの場面を0に抑えなくてはなりませんでした」と序盤の失点を反省。鈴木には4回まで3打数3安打の固め打ちを許したが、「ボール1個分厳しいところに投げていかないといけない」と失投を悔やんでいた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」