野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 広島、11連敗ストップへ打線猛攻! 鈴木の先制2点二塁打など3回まで7安打6得点

広島、11連敗ストップへ打線猛攻! 鈴木の先制2点二塁打など3回まで7安打6得点

広島は15日、DeNA戦(横浜)で初回4安打4得点の猛攻を見せた。3回にも2点を追加し、6点の大量リードしている。

広島・安部友裕【写真:荒川祐史】
広島・安部友裕【写真:荒川祐史】

初回鈴木の2点二塁打などで5者連続出塁

■DeNA – 広島(15日・横浜)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は15日、DeNA戦(横浜)で初回4安打4得点の猛攻を見せた。3回にも2点を追加し、6点の大量リードしている。

 初回。西川の中前打、菊池涼の二塁打、バティスタの四球で無死満塁の絶好機を作った。ここで4番・鈴木は井納の高めに浮いた球を左翼線へ。先制の2点二塁打とした。続く松山は右前適時打。さらに、會澤の遊ゴロ併殺打の間に1点を追加した。DeNA先発の井納から5者連続出塁で4点を奪った。

 3回には2死二、三塁から會澤が左前適時打。安倍も右前適時打で続いた。3回まで7安打で6点を奪った。

 チームは11連敗中。首位の巨人に11ゲーム差をつけられている。後半戦の巻き返しへ、攻撃陣が理想的なスタートを切った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」