野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAラミレス監督、2番筒香継続を宣言「今年で一番いい状態と思えるほど」

DeNAラミレス監督、2番筒香継続を宣言「今年で一番いい状態と思えるほど」

DeNAは15日、横浜スタジアムで行われた広島戦に5-8で敗れた。先発の井納が3回6失点と試合を作れず、筒香を2番に入れた新打線は5得点したが、投手陣の大量失点を跳ね返すことができなかった。ラミレス監督は「初回の4失点、3回の2失点が重くのしかかってしまった」と、序盤の失点を悔やんだ。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

井納は3回6失点「2回は復調しそうな兆しもあったが…」

■広島 8-5 DeNA(15日・横浜)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは15日、横浜スタジアムで行われた広島戦に5-8で敗れた。先発の井納が3回6失点と試合を作れず、筒香を2番に入れた新打線は5得点したが、投手陣の大量失点を跳ね返すことができなかった。ラミレス監督は「初回の4失点、3回の2失点が重くのしかかってしまった」と、序盤の失点を悔やんだ。

 井納は立ち上がりから連打を浴び、四球を挟んでさらに連続タイムリーを打たれ、いきなりの4失点となった。ラミレス監督は「初回から有利なカウントにすることができず不安的な内容だった。2回は復調しそうな兆しもあったが、3回も2失点で6点は大きなビハインドになった」と、先発の交代機を誤った。

 筒香を2番に起用した新打線は、3回に下位打線からの打順で3点を返した。筒香は押し出しの四球を選び、その後も安打と四球を記録し、5打席で3打数1安打1打点、2四球だった。指揮官は「今日は打席でも、今年で一番いい状態と思えるほど、雰囲気も感じた。その後を打つソトもいい仕事をした」と、筒香の2番に納得の表情で、「明日以降も、基本的に1番から4番までは変わらないと思う」と、新打線の継続を示唆した。

 後半戦黒星スタートも、ラミレス監督は落胆した様子はなく、「また明日から頑張りましょう」と、最後は日本語で前を向いていた。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」