野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷翔平の攻略ポイント? マ軍捕手が証言「内外角は関係ない。低めが攻略の鍵」

大谷翔平の攻略ポイント? マ軍捕手が証言「内外角は関係ない。低めが攻略の鍵」

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で8試合連続でスタメン出場し、2打数1安打1打点だった。メジャー通算160試合出場で100打点を記録し、打率を3割に戻したスラッガーをいかにして止めるのか、はエンゼルス戦における相手バッテリーの命題となっている。そんな中、マリナーズのトム・マーフィー捕手は独自の大谷対策を明かした。

エンゼルス・大谷翔平(左)、マリナーズのトム・マーフィー【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)、マリナーズのトム・マーフィー【写真:Getty Images】

マリナーズのマーフィー捕手が大谷対策を明かす「低めのストライクゾーンにボールを集めるしかない」

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で8試合連続でスタメン出場し、2打数1安打1打点だった。メジャー通算160試合出場で100打点を記録し、打率を3割に戻したスラッガーをいかにして止めるのか、はエンゼルス戦における相手バッテリーの命題となっている。そんな中、マリナーズのトム・マーフィー捕手は独自の大谷対策を明かした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 5年目のマーフィーはこの日5番打者として2打数1安打1打点。マスクを被っても変化球の制球に苦しむ菊池雄星を支えた。

「またしてもアグレッシブな投球だったと思う。変化球がストライクゾーンを外れることが多かったけれど、ファストボールを活用した。アグレッシブに空振りを取れた。変化球の精度がよくなった時点でピッチカウントが少しばかりかさんでいたのが残念だ」

 菊池の87球についてこう振り返る一方、2回でマイク・トラウト外野手が右ふくらはぎの故障で途中交代となったエンゼルス打線最大の脅威についての対策を明らかにした。

「オオタニは脅威なんだ。彼は打席で素晴らしい仕事をしている。私の頭の中ではオオタニにファストボールをより強く意識させたかった。最初の頃に対戦した時よりも我慢強い打者になっている。彼から空振りを奪うのは、より困難になっていると感じている。その中でユウセイはいい仕事をしたと思うよ。空振り三振を奪ったのだから」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」