野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ“スミ1”計1安打の珍勝利で後半戦初白星 楽天則本昂1安打9Kの快投も今季初黒星

楽天の則本昂大投手が16日、敵地・京セラドームでのオリックス戦に先発。7回1安打1失点、9奪三振の快投も打線の援護なく今季初黒星を喫した。チームは0-1で敗れた。

7回1失点と好投するも敗戦投手となった楽天・則本昂大【画像:(C)PLM】
7回1失点と好投するも敗戦投手となった楽天・則本昂大【画像:(C)PLM】

オリックスは初回の先頭・福田が放った1安打で勝利

■オリックス 1-0 楽天(16日・京セラドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 楽天の則本昂大投手が16日、敵地・京セラドームでのオリックス戦に先発。7回1安打1失点、9奪三振の快投も打線の援護なく今季初黒星を喫した。チームは0-1で敗れた。

 圧巻の投球だった。初回、先頭の福田に遊撃内野安打を浴び犠打と野選で1死一、三塁のピンチを背負うと吉田正の中犠飛で先制を許す。だが、その後は2回から6イニング連続3者凡退と完璧な投球。7回は3者連続三振に仕留めるなど9奪三振の快投を見せつけた。

 だが、オリックス先発の山岡も則本に負けず劣らずの力投を見せる。初回から3イニング連続で先頭打者に安打を許すなど序盤は苦しい投球が続いたが決定打を許さず。8回4安打10奪三振無失点の好投で1点を守り抜き7勝目を挙げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」