野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 中日松坂、今季初先発は5回2失点 4安打4四死球も与田監督「満足はしないけど…」

中日松坂、今季初先発は5回2失点 4安打4四死球も与田監督「満足はしないけど…」

中日の松坂大輔投手が16日、本拠地ナゴヤドームでの阪神戦で今季初登板初先発した。初回に先制点を奪われるなど、毎回のように走者を背負う展開だったが、粘りの投球で5回を投げて4安打4四死球2失点にまとめた。同点のまま降板し、今季初勝利はならず。チームはサヨナラ勝ちし、今季最長の6連勝を飾った。

今季1軍初先発マウンドに上がった中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
今季1軍初先発マウンドに上がった中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

今季初勝利ならず「ゲーム作ってくれたし、粘り強さ出してくれた」

■中日 3-2 阪神(16日・ナゴヤドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日の松坂大輔投手が16日、本拠地ナゴヤドームでの阪神戦で今季初登板初先発した。初回に先制点を奪われるなど、毎回のように走者を背負う展開だったが、粘りの投球で5回を投げて4安打4四死球2失点にまとめた。同点のまま降板し、今季初勝利はならず。チームはサヨナラ勝ちし、今季最長の6連勝を飾った。

 初回、近本と糸原の連打、糸井の犠飛でいきなり先制点を奪われた松坂。味方がすぐに逆転に成功したものの、3回に2死からつかまった。再び近本に中前安打を許すと、糸原には四球。そして初回に先制犠飛を許していた糸井には右翼線への適時二塁打を許して、試合を振り出しに戻された。

 5回には1死から近本、糸原に連続死球を与え、場内は騒然。だが、糸井を一ゴロ、さらに2死二、三塁で大山を中飛に打ち取って窮地を脱した。松坂は5回までに91球を投げ、4安打2失点。同点のまま降板となり、背番号「18」での今季初勝利はお預けとなった。

 5回まで4つの四死球を与えながらも、なんとか粘りの投球で試合を作った松坂。今季初先発だった右腕の投球を与田剛監督は「まだまだ満足はしないけど、5回までゲームを作ってくれたし、粘り強さを出してくれた。気合い入ったピッチングをしてくれた」と上々の評価を与えた。

 また、今後の登板についても「十分その(1軍の)可能性は高い。怪我で離脱させないようにというのが、どの選手もだけど、あるので、明日以降チェックしていって決めたい」と語り、次回も1軍のマウンドで登板する可能性を示唆していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」