野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAラミレス監督、筒香&ソトの新打線に手応え 「2人のコンビが機能している」

DeNAラミレス監督、筒香&ソトの新打線に手応え 「2人のコンビが機能している」

DeNAは16日、横浜スタジアムで行われた広島戦に8-5で勝利した。3点ビハインドの6回に2本の2ランで逆転し、同点に追いつかれた直後の7回にもロペス、佐野の連続タイムリーなどで4点を奪って試合を決めた。8安打で8得点と効率のいい攻撃で打ち勝ったラミレス監督は「すごくいい形で来ている」と、前日からの新打線に手応えを感じていた。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

単独2位に浮上も混セに「明日からも気を引き締めて」

■DeNA 8-5 広島(16日・横浜)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは16日、横浜スタジアムで行われた広島戦に8-5で勝利した。3点ビハインドの6回に2本の2ランで逆転し、同点に追いつかれた直後の7回にもロペス、佐野の連続タイムリーなどで4点を奪って試合を決めた。8安打で8得点と効率のいい攻撃で打ち勝ったラミレス監督は「すごくいい形で来ている」と、前日からの新打線に手応えを感じていた。

 広島先発のアドゥワに5回まで無得点に抑えられたが、6、7回の2イニングで8得点と集中打で勝利をものにした。指揮官は「アドゥワはいい投球で、球数も少なかった。このままだと8回ぐらいまで投げられてしまうとも思ったが、6回と7回にしっかり点が取れてよかった」と、攻撃陣を勝因に挙げた。

 さらに「6回の攻撃前に田代さんから、ストライクを積極的に振っていこうというアドバイスがあった。7回はボールをしっかり見極めていこうと言われて3つの四球でチャンスを作った。田代さんが適切なアドバイスをしてくれた」と、打撃コーチに感謝した。

 投手陣では、先発の上茶谷が5回3失点で降板し、自身6連勝を逃した。それでもラミレス監督は「全体的に悪くはなかったが、球数も多かった。あの選択が流れを変えたのではないかと思う」と、投手交代の決断を自画自賛した。

 後半戦スタートとなった前夜の試合から、2番に筒香を起用する新打線を組んだ。発案者の監督は「筒香は今シーズンで一番と思えるほどの状態で、この2日間で6度も出塁した。その後のソトもすごくいい感じだし、この2人のコンビが機能している」と成果を喜んだ。

 この日の勝利でチームは単独2位に浮上。ラミレス監督は「2位以下は4チームが競った状態で、1敗すると2位から5位まで落ちてしまう可能性がある。明日からも気を引き締めて、しっかり戦っていきたい」と、混セを勝ち抜く意気込みを示した。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」