野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日米大学野球 18Kの米国 指揮官が侍J森下に脱帽「両サイド使うのうまい」

第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)が16日、愛媛・坊っちゃんスタジアムで開幕。侍ジャパン大学日本代表が米国大学代表を3-0で下し、先勝した。試合後、大学米国代表のマクドネル監督は大学日本代表のエース・森下暢仁投手について「両サイドををうまく使い、スピードに変化を付けている」と脱帽した。

16日の試合に先発した侍ジャパン大学日本代表・森下暢仁【写真:Getty Images】
16日の試合に先発した侍ジャパン大学日本代表・森下暢仁【写真:Getty Images】

第1戦は日本が先勝 好投手・マイヤーも落胆「正直イライラしている」

 第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)が16日、愛媛・坊っちゃんスタジアムで開幕。侍ジャパン大学日本代表が米国大学代表を3-0で下し、先勝した。試合後、大学米国代表のマクドネル監督は大学日本代表のエース・森下暢仁投手について「両サイドををうまく使い、スピードに変化を付けている」と脱帽した。

侍ジャパンの経験が自らの意識を変えた 山岡泰輔「自分自身のレベルアップの場」
(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 トータルで18三振を喫して敗れた米国大学代表。会見場に現れた敵将は肩を落としていた。「ファストボールが良かったね。5回くらいでようやく慣れてきたところで投手を1イニングずつ替えられてしまったから、我々は大変だった」。森下以降、タイプの違う4人の投手と1イニングずつ対戦。的を絞れないまま、三振数だけが増えていった。

 米国先発のマイヤーも2020年のMLBドラフトの上位候補の一人。5回2失点と粘りの投球を見せたが、敗戦投手に。「負けた悔しさから正直、イライラしています。僕も三振を取る投手なのに、日本を相手に三振を思うように取れなかった。今後アジャストしていきたい」と次戦登板での巻き返しを誓っていた。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」