野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井口監督、2回無死満塁の無得点を悔やむ「ズルズルといってしまった」

ロッテは17日、メットライフドームで西武と対戦。荻野の7号ソロで1点を先制するも、プロ3度目の先発・小島が5回に捕まり一挙4失点。打線は終盤追い上げを見せるも届かず、3-4で敗れた。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

2回無死満塁で藤岡が投ゴロ、田村が投ゴロ併殺打で無得点

■西武 4-3 ロッテ(17日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは17日、メットライフドームで西武と対戦。荻野の7号ソロで1点を先制するも、プロ3度目の先発・小島が5回に捕まり一挙4失点。打線は終盤追い上げを見せるも届かず、3-4で敗れた。

 3回1死から荻野の7号ソロで1点を先制。しかし、先発のドラフト3位・小島が5回無死満塁から秋山に右前へ逆転2点打を浴びると、同1死二、三塁からは外崎の2点三塁打で一挙4失点した。打線は終盤にセットアッパー・平井から2点を奪ったものの、追い上げは届かなかった。

 2回に3連打から無死満塁を作るも、7番藤岡が2球目の直球につまり投ゴロ。続く田村も3球目のスライダーを引っ掛け投ゴロ併殺打で好機を逸していた。無死満塁の攻防が勝負の分かれ目となり、井口監督は「2回のチャンスで点が取れなかったことで、ズルズルといってしまった」と拙攻を悔やんだ。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」